2012年10月29日月曜日

地鎮祭

昨夜から今朝にかけて暴風雨でしたが、朝になるとカラッと晴れ。天気を心配して施工業者さんが手配してくれたテントは、日差しよけにちょうどいいくらいでした。地鎮祭というと、笹を4本地面にさして、小さな砂の山があって、というナチュラルな!?イメージでしたが、このテントの存在感といったら!紅白の幕がとてもめでたくてちょっとサーカス小屋みたいで、とっても気に入りました。
地鎮祭の準備は、一般的に施工会社が行うものだそうです。日取りがきまったら、神社との連絡、場所の準備に関する手配は施工会社が行ってくれました。当初は、施主側でお供え物を用意してほしいと言われましたが、神社で用意してもらえることになり一安心。私たちは、当日宮司さんにお渡しするお金の準備のみ。ご祝儀袋(蝶々結びの水引)に「初穂料」と名前を書き、3万円を入れて用意しました。
地震祭の1時間前に到着すると、地元の業者さんが、テキパキとテントをたてたり、笹の準備をしたり、私たちが放置して伸びきった(汗)雑草をカマでガシガシ刈ってくれていました。

地鎮祭2につづく

0 件のコメント:

コメントを投稿