2012年11月28日水曜日

IHコンロ選び、魚グリルは本当に必要?

オール電化と決めたので、キッチンのコンロもIHになります。ガスコンロは種類が豊富にありますが、IHコンロは日本の主要な家電メーカーのカタログ数冊集めたら、すべて見渡せてしまうほどです。

気になって、近所にあるLIXILやTOTOのショールームへ行ってシステムキッチンを見てみましたが、やはりPanasonicやMitsubishiなどの商品が組み込まれていて、家電屋さんの品揃えと特に違いはありませんでした。

筆者はイギリスに何年か住んでいたのですが、ヨーロッパでもじわじわとIHコンロの家も増えつつあり、使う機会がありました。

電磁コンロの不便さを思い出し、IHコンロもどうせ不便なんだろうと先入観を持っていたのですが、加熱も早いし、火力も問題無く料理できました。もし利用した経験がなかったら、今回IHの導入は躊躇していたかもしれません。

1ヶ月ほど使った経験は大きな安心です。イギリスの電圧は240vと高いですが、日本でも問題なく使えると信じて。

日本メーカーのIHコンロには、魚グリルがついています。コンロの下についている引き出しのようなあれのことです。

これは、海外のものには無い機能で、ちょっと日本の携帯電話のガラパゴス化のような、独自の進化といった印象です。たしかに、魚グリルはあると便利ですが、とにかく日本のメーカーのIHコンロのデザインがスマートでない。ベージュとグレイを混ぜた、ぼんやりした色のものが多く、ボタンも機能も多く、あげくのはてにコンロが喋る。ム、ムリポ。。。

魚グリルが便利、というだけでこんなコンロを受け入れないといけないの?!(失礼ですみません)

建築家の友人は魚グリル(このお宅はガスコンロ)の見た目に耐えられず自宅のコンロを大家さんに無断で捨て(笑)、シンプルなコンロを導入、電気のフィッシュロースターで魚を焼いていると教えてくれました。

最近はヘルシオに変えたそうですが、魚の焼きあがりはフィッシュロースターのほうがパリッとしてよかったそうです。
Googleでフィッシュロースターを検索するとこんなかんじ
 
へぇー、こんなものがあったなんて!5,000円から7,000円くらいが相場のよう。意外とオプションはあるもので、フライパンで焼き魚をする方法もあるし、オーブンで焼く人も居るみたい。

魚グリルは無くても全然大丈夫!天気さえよければ、外でBBQスタイルだって出来る。海の近くに住むので、新鮮な魚をいっぱい焼きたい!(夫よ、釣りを頑張って)

しかし、もう一つハードルがありました。

価格です。日本製の場合、最新機種でなければ10万円台でそれなりのものが買えそうなので、ローコスト住宅的にはそれが正解なのかもしれません。

しかし、見た目にピンと来ない&魚グリルは他の方法で、と踏ん切りをつけてネットで外国製のものを検索してみることに。ぐわ!かっこいーーーけど、高い。。。

写真は我が家のストウブ ココット18cm。今年入手して、まだ数回しか使ってない(> <) オーブンもIHもOKと、守備範囲が広いのがナイス。

底はエナメル加工がしてありIHプレートを傷つけないそうです。さすが!

つづきは、、、
IHコンロ選び 外国製が気になる編
IHコンロ選び、魚グリルは本当に必要?


*おまけ*
Facebookもやってます、気が向いたらLikeしてください、よろしく〜。
http://www.facebook.com/GoodLuckBeach

☟グッドラックボタン☆ 押すといろんな家づくりブログが見れます
にほんブログ村 住まいブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿