2013年2月10日日曜日

IHコンロ選び 完結編



日本製のIHコンロは好きになれないし、外国製のは高いし、どうしようかと思案しながら雑誌やカタログをペラペラ。

そんな中に先日IKEAから持ってきたカタログがありました。

アイデアをもとめてキッチンのページをいつもより丁寧に見てみると、あ?!IHコンロがさりげなくキッチンのイメージ写真に映っています。

 IKEAといえば、家具や雑貨、照明器具などのイメージはありましたが、電化製品を売っているイメージはありませんでした。

ほほう、そういう手があったか!思い立ったが吉日、翌日IKEAに行きました。ショウルームを足早に進んで、キッチンコーナーへ。

日本のニーズに合わせて日本製(魚グリル付き)も取り揃えているのですね。

もちろん、私はいままで悩んで決めた通り、外国メーカーのシャキッとしたデザインをもとめているので、エレクトロラックスのIHに駆け寄る(笑)。

いままでネットでみた外国製のIHコンロより安い、20万円をなんとか切ってる〜。4つ口なので、大きいなあという印象はありますが、それでも値段とのバランスでオッケー。

外国製品というと大げさな感じがしてしまいますが、IKEAだったら気楽に買いに行けるし。

キッチンは造作の予定で、アイランドキッチンの大まかなプランはまとめましたが、サイズはまだ変更可能。このちょっと大きめのIHを入れても大丈夫な大きさを確保したいと思います。

まだ購入前ですが、ほぼ気持ちは固まり、私のIHコンロ探しの旅は身近なところで終点にたどりつきました。

もしどなたかIKEAのエレクトロラックスのIHコンロを使っている方が居たら、ぜひ感想やアドバイスを教えていただきたいです m(_   _)m

話は飛びますが、IHって一体なんの略だろう?と気になり言葉を調べてみました。Induction Heating(誘導加熱)のことらしく、英語圏のメーカーサイトをみるとIHコンロのことはInduction Cooktopや、Induction Hobsなどと書かれています。

なるほど、日本のメーカーが使っているIHクッキングヒーターという言葉は和製英語のようですね。Inductionなんて普段使わない言葉だけど、覚えていられるかな。

これまでのいきさつは、こちらをご覧ください
IHコンロ選び 魚グリルは本当に必要?
IHコンロ選び 外国製が気になる編


*余談*
ところで、以前の投稿で書いていた魚グリルを使わずに魚を焼く方法、いろいろ試してます。

いまのところ、フライパンとクッキングシートの組み合わせでなかなか美味しく焼けることが判明。これはフライパンが汚れないので、片付けがすごーく楽です。
 

ろばた焼き器(カセットガス利用)もあるので、パリっと網で焼きたければそれもオッケー。しかしこの方法はコンロの魚グリル同様、網を洗うのが少し面倒。

最近は、炭素を練り込んだ陶器で、レンジで炭火焼きの効果を出せる魚焼き皿(ふしぎなお皿)があるのを知って、びっくり。有田焼の窯で作られてるヒット商品。いつか試してみたい〜。


*おまけ*
Facebookもやってます。
http://www.facebook.com/GoodLuckBeach

☟グッドラックボタン☆ 押すといろんな家づくりブログが見れます
にほんブログ村 住まいブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿