2013年3月4日月曜日

日没までノンストップ&上棟式インザダーク

1階の柱が一通り建ったら、2階の床の構造用合板をおいていきます。みるみるフロアが登場。写真は最初の一枚。

2階の床がはれたら、今度は2階の柱、そして屋根を組み立てて行きます。 午後の作業もぐんぐん進み、3時のお茶とおやつを用意して休憩を待っていたら、時間がないので休み無しでいきます、と現場監督。

まだ日没前、うっすら夕方の気配を帯びてきた頃、2階建ての形がみえてきました。よかった、そろそろ上棟式かな。

と思ったものの、、、

屋根の一番はじっこ、1本だけ特殊な部分があり、ここが何度やってもうまくいかず。パッと見ほとんど出来上がっているのに、一本だけ梁が足りない状態。なんどかチャレンジしているあいだに、いつのまにか日が落ちてしまい、薄暗くなってきました。そこでライトを灯して、作業続行。

無事完成しました!パチパチ。

ライトアップされた躯体は、なんだかムーディ。。(笑)


そんなわけで、上棟式インザダーク。想定外でしたが、ライトアップされた上棟式もオツなものです。
日没前の夕方に行うのが一般的かと思いますが。上棟は天候だけでなく、季節によって日の短さがかわるので、そういうことにも影響をうけるんですね。

さて、上棟式で上に登れるのは男性だけなので(相撲の土俵か!?とツッコミ)、私は間近にみれませんでしたが、祭壇を奉り、お米、塩、酒で建物の中心、四隅などを清めるようなことをしたようです。写真は、お供え餅。近所の和菓子屋さんに頼んで作ってもらいました。この2つのお餅を重ねて、鏡餅のようにして祭壇に備えたそうです。

その後、大工さんたちと集まり、施主の挨拶。そしてご祝儀と引出物を渡して、みなさんとお別れ。午後は休憩もなく働きづめだった職人さんたち、ほんとうにお疲れだったことと思います。工事完了まで、安全に、スムーズに工事がすすみますように。

ずっと外に居てすっかり冷えてしまったので、帰りに小田原おでんを堪能して体を温めて帰路に。 上棟式の準備や段取りについては、また別途書きますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿