2013年3月17日日曜日

窓の位置がみえてきた!

一週間ぶりの現場。

あ!壁がある(;゜0゜)

一目見て、ますます家っぽい姿に驚き。


家の中に入ってみると、まだ壁は無くパッと見前回来たときと似た感じですが、、、


柱や梁、色々なところに金物と呼ばれるものが取り付けられていました。

先日、施工会社の方とお話したときに、木造建築の技術はどんどん上がっていて、金物の進化もすごいのだとおっしゃっていました。

宙に浮いた角っこを、金属の足が支えています。ちょっと変わったルックスですね。

この角っこから奥の四角いスペースは、4畳半ほどの客間になる予定です。この宙にに浮いた部分の下は、ちょっとした収納にしようと話しています。

どんな風になるかは、工事が進んだらまたご紹介しますね! というより、まだどうするかちゃんと考えてないので、考えないと!(汗)


さて、二階へ登ってみます。

南東に面した窓が三つ、テンポ良く並びます。


こちらも、きれいに外側の壁がはられていました。

2階は、柱のない一つの空間なので、窓の存在が際立っています。

実際の窓のサイズは、いま空いている穴と異なりますが、かなり完成のイメージが見えてきますね。


左手奥の大きく開いた場所は、バルコニーへの出入り口を兼ねた窓が入ります。


窓枠で区切られた景色を初めて見ると、なんだか不思議な気分。

どの窓からどんな景色が見えるか、想像していたのと違っていたりして面白い。

うちは建て替えではなく、更地に二階建てを建てています。

特に二階の景色は、高さなどもふくめて周囲との関係はある程度想像していましたが、やっぱり建ててみないと分からないですねーー。

ここは思ったよりおとなりの屋根の照り返しを受けそうだな、とか。この窓は期待していなかったのに、なんだか風景との関係がいい感じ!などなど。

みなさん、どんな風に窓の計画をしているのか気になります。


敷地内に、菜の花が咲いてました!周囲の畑に育っているのとくらべると、小ぶりですがかわいい〜^^


今日は湯河原梅林へ寄り道。見頃は少し過ぎていましたが、林というだけあって山の斜面が梅の木でいっぱい、山がほんわり柔らかい色につつまれて、まさに春!ってかんじでした。

写真は、私の気になる木。一本の梅の木から白とピンクの花が咲いているんです。(写真が明るすぎて分かりにくいですね)

ふ、不思議(? _ ?)

我が家の建築資材となった木たちも、家になる前はどこかの山でこうやって暮らしていたのだと思うと、感慨深いです。


*おまけ*
Facebookもやってます。
http://www.facebook.com/GoodLuckBeach

☟グッドラックボタン☆ 押すといろんな家づくりブログが見れます
にほんブログ村 住まいブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿