2013年4月4日木曜日

屋根工事が進むなか、太陽光発電の打ち合わせと補助金のあれこれ

サッシの作業(一つ前の投稿)と同時並行で、屋根の工事も進んでいました。
今日は、職人さんが棟梁も含めて5名。いつもより沢山いらっしゃいます。二階に登ると、屋根材の金属板が足場の上に積み重ねてありました。
写真ですとうっすら黄色がかって見えますが、実際は明るめのシルバーです。外壁は白の鋼板になるので、それと自然に繋がるような色にしました。
当初より太陽光パネルの設置を予定しているので、太陽光に必要なシートもすでに敷いてくださっているそうです。(それが一体何のシートなのか、私は良くわかっていません...)

屋根にのぼれないので、はじっこを見上げてみました。たしかに、いろいろな物がしかれている様子。ふむふむ。
今日は現場監督さんが不在なので、棟梁とお話ししました。屋根材をはる作業は、明日もたくさん職人さんを呼んでいっきに終わらせるとおっしゃっていました。
足場の上で、屋根材を調整されているようなご様子を、下から眺めてみる。
別の職人さんは屋根を歩いて、何やら確認をされているような。。。
さて、準備が整ったようで、屋根の上の職人さんが、屋根材をひょいと持ち上げて運んで行きます。遠目からだと、軽そうに見えてしまうのですが実際はどうなのでしょうか。

現場は、海からけっこう近くて(徒歩15分程度)、高台に位置しているので、風が強い日はかなり影響をうけます。以前の投稿、配筋検査の日は風が凄まじくて、細い配筋の上で風にあおられてうまく歩けないほどでした。

幸い今日は穏やかだったので、大丈夫そうです。ホッ。

今週末は、またまた春の嵐とやらが来るらしいので、暴風雨前に作業が完了するのは心強いです。
しかし、また嵐で雨で家がビッショリになるのかと思うとちょっと憂鬱ですね。こんな風に家の中に水たまりができてしまいます。

屋根はこれで防水が完了しますが、まだまだバルコニーや外壁などは野ざらしです。工事中はあまりひどい雨は降らないでほしい〜(´・ω・`)

さて、サッシの作業や屋根の様子を見学するのと同時に、さらに!今日は太陽光発電の工事の打ち合わせもあります。現場で、積み上がった断熱材を机にして、立ったままミーティング。ほんと、断熱材テーブル役立ってます。

太陽光発電は、京セラさんのものが性能の評判が良く、長期耐久性についても厳しい試験をパスしているということで導入したいと思っていました。施工会社のグループ会社さんが代理店をされているということで、提案いただいたものにすんなり決めました。採用したのはこちらです。
KYOCERA ECONOROOTS エコノルーツ Type R(傾斜屋根用)
屋根にパネルを6x3敷くので合計18枚、3.6KW分です。

屋根の太陽光発電パネルから、どのように建物内にケーブルなどを入れるか、お互いの要望を確認しました。電気系統は1階のバスルームの壁に集約する予定で、配電盤などもそこにとりつけられます。そのため、太陽光で発電した電力もそちらに引っ張ってきて、つなげることになります。

京セラの代理店さんは、天井をはる予定の住居スペース側に配線をまとめたいというご意見でした。(梁むき出しのスタジオスペースは配線に関しては全て見えるので、気を使います)

そこで、提案されたのが、この下の写真。
横に走る暗い影の部分の右端に、ちいーさな穴があるんです。さすが!と思ったのですが、わずか〜な光がさしているのを、担当者さんは見逃しませんでした。(この写真で見えるかどうか...?ほんとうに小さな穴)こちらは1階の天井、洗面所の上に来る部分です。

そのわずかーな数ミリの穴をすこしだけ広げて、そこに太陽光からくるケーブルを通すことを提案されました。私は素人なので、現場監督さんにも聞いてみないと分かりませんが、良さそうな気がします。

あとは、屋根の太陽光パネルから、ケーブルを家の中に引き込む場所も決めなければいけません。こちらの要望をざっくりお伝えし、いくつかパターンを出してくださるそうです。屋根がシルバー、外壁が白なので、太陽光の黒いケーブルはそれなりに目立ってしまいます。そのため、なるべく外観に響かない&配線もしやすい、というポジションに納めたいところです。
庭にスミレを発見。

太陽光設置にあたって、国の補助金は2012年度末までに申し込めば間に合いますが、県の分は年度末よりも前に終了してしまっていました。神奈川県はかなり太陽光の設置が多いんですね。

4月になってから申し込めば、国、県、町の3カ所すべての補助金をうけとれますが(*注1)、売電価格が38円に下がってしまう、というのでしばらく葛藤していました。悩んだ末、結局売電価格42円を優先して今年度に間に合うよう、2月後半に申請手続きを開始しました。
(*注1)実際は、神奈川県の太陽光の補助金は24年度で終了、2013年度(今年4月)からはスマートハウスの補助金が始まることがのちほど判明。

国以外の補助金は諦めていたのですが、代理店の方が町の補助金については2013年度のもので受けとる事ができると。。。そうなんだ!?

そういうことが出来ると思っていなかったので、ちょっとうれしい。東電への申し込みや補助金の申請手続きはすべて代理店さんにやっていただいていて、私は説明を聞きながら書類に名前を書いて印鑑を押すだけです。質問があるときは、丁寧にお答えいただけるので、心強いです。助成金は、国(126,000円)と町(52,000円)あわせて18万円分ゲットです。

震災後の太陽光発電の需要や、最近の売れ行きなどについてもお話をうかがったり。省エネや、エネルギー関連はとても興味がある分野なので、気になります。実際に使い始めたら、発電効率や電気代など報告したいと思います(o^∇^o)ノ



*おまけ*
Facebookもやってます、気が向いたらLikeしてください、よろしく〜。
http://www.facebook.com/GoodLuckBeach

☟グッドラックボタン☆押すといろんな家づくりブログが見れます
にほんブログ村 住まいブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿