2013年5月12日日曜日

白い外壁が、驚きのツルツルピカピカ感

竣工予定まで1ヶ月を切りました。ヒョー!

大雨などで日程がずれこんだ工事を予定通りの日程に戻すべく、現場は大忙しです。

そんな慌ただしい状況ですと、見学するたびに変化が沢山あって興奮してしまいます!

そしてとうとう家の外側に新たな変化があらわれました。
ゴールデンウィークのはじめ頃、外壁材がドッサリ届いていました。

しかし、その日はあいにくの雨空。ゴールデンウィーク前半に外壁もすこしとりかかる予定だったそうですが、お天気の都合で休み空けに持ち越しになりました。

雨にしとしと打たれながら出番を待つ外壁材は、なんだかつまらなそう。

一転して、ゴールデンウィーク後半は、とても暖かく良いお天気が続きましたね。

そんなお休みの後、とうとう外壁材を張る作業がはじまっていました。

ツルツルピカピカ、真っ白い外壁がお目見え〜! 
足場が建物に映り込んでる!?

けっこう反射するんですね。

外壁は、アサヒスパンドレルのロールフォーミング11型 鋼板スパンドレルF型(目地無し)10cm幅、色はバリアホワイト(耐汚染性)です。

ガルバリウムの外壁材の一種です。ガルバリウムといっても、色や表面の凹凸など様々なタイプがありますよね。

上棟の頃、サンプルを取り寄せてもらって、現場で陽の光のもとで確認しましたが、小さなサンプルですし、ここまで景色を反射する印象が無かったのでちょっと驚きました。

サンプルを現場で見るのはとても参考になりますが、やっぱり広い面で見てみないと分からないこともありますね。

建物全体の外壁が完了したら、どんな風に周囲の景色を映すのか、楽しみです。

また、サンプルでは10cm幅と、20cm幅を見せていただきました。

幅が広いほうが、金属がたわんできた(時間を経て、金属がすこしへこんだりゆるやかにカーブしたり)ときに目立ってしまうということで、細いほうの10cm幅をオススメされました。
とにかくツヤツヤ〜☆

この外壁、全く同じ型番で目地有りと目地無しの2種類があるのですが、うちは目地無しを発注していただきました。

目地有りの場合、外壁の間にもう少し太めの溝が見えてきます。

パッと見なるべくフラットな印象にしたかったので、目地無しを選びました。

目地有りと無し、見た目以外にどのような違いがあるのか、聞くのを忘れました。。。どうなんだろう。

外壁に関しては、絶対に雨が入らない事と、長年つかってもなるべく奇麗でいてほしい、というのが私の願いです。

モノがぶつかるとへこんだりするので、鳥やボールがぶつかってきませんように、というのも追加で。。。
角は、角用の外壁材があるようです。パキっとした折り目がカッコいいですね。

年数が経ってもなるべくシャキッと、揃って見えて欲しいです。
 2階のテラスを見てみると、まだ仮止めといった様子でテープが貼ってあったりしました。
 南東の1階は、すべて張られた状態です。裏側(玄関側)はまだです。

窓の中に、内装の作業中の大工さん発見。

ちなみに1階、向かって右側ふたつの窓はアートスタジオ。左の窓(ちょっと大きめ)はLDKです。
のこりの外壁は、スタジオに入れられていました。

縦に張られる日を待ちながら、しばし横になって待機。Zzz...。
同時並行で地道に草取りもすすんでいます。

いまは、草を減らすだけで精一杯ですが(汗)

外溝と庭、どうしよう。。。(まだ、考えていません)

内装と同じく、住みながら考えて手を加えることになりそうです。

私は虫がとても苦手なので草取りは夫の担当です。虫どころか、この日は小さな幼ヘビが登場したと聞いて、ますます無理!!

私は何か、違う担当を探します(笑)


☟グッドラックボタン☆いろんな家づくりブログが見れます。応援クリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログへ

*おまけ*
Facebookもやってます、よろしくね。
http://www.facebook.com/GoodLuckBeach

2 件のコメント:

  1. ほんとにツルピカですね!
    実際みたら写真よりももっときれいなんだろうな。
    足場がとれるのがたのしみですね〜。
    1Fの開口部もたくさんあって、とってもきもちよさそう!

    返信削除
    返信
    1. ヨンさん、こんにちは!
      このツルピカはいつ頃までキープできるのかな?と思ってしまいます。。。
      足場がもうあと3週間ほどでなくなると思うと感慨深いです。竣工しても、内装はほとんど工事中と変わらない素の状態なので(笑)、のんびり行こうと思います^^

      削除