2013年12月17日火曜日

入居後トラブル:強風で外壁がはずれるなんて

お久しぶりです!
引っ越してからはや半年が経とうとしています。

早い、早すぎる。。。

一ヶ月ちょっとまえに5年以上愛用したパソコンが壊れてブログの更新もすっかり滞っていましたが、夫のお古のパソコンで復活です。

ところで、10月は立て続けに台風が来て、その後11月に入ってからも強風の日が何日かありました。

台風の間は無事だったのですが、11月初旬のとある週末

ちょっと出かけて家に戻ると、

ガルバリウムの外壁が一枚、ペロンと玄関前の木に寄りかかっていました。

一瞬何が起きたのか分からなすぎて、頭の中が???となり

家を見ると、外壁が外れてる。。。

え?

外壁って外れるんだ?!

外壁の下の防水シートを、また見る日が(こんなにすぐ)来るなんて。

ちょっと工事中を思い出して懐かしい気もしたり(笑)

外壁の隙間に風が入って、釘がぬけちゃったということでしょうか。

見事にガルバリウム一枚分が、無くなっています(T T)

 

外れた部分を見上げ、途方に暮れる。

家をぐるっと取り巻いているこの白いガルバリウムの外壁は、10cm幅で、高さ4ほどの外壁材です。 

今回はずれてしまったところは、横幅が半端で、ここだけ1枚と半分を組み合わせて幅を調整している、ちょっと特殊な部分だったんです。

そのためもあってか、弱かったみたいです。

慌てて、監督さんに電話。(ああ、この感じ久しぶりですね)

外れた外壁は、折れ曲がったりせずけっこうきれいな状態だったので、再利用するかも、と手元に保管しておきました。

電話で説明したあと、写真を添付してメール!

もう必死です。

しかし、外れたからといってすぐに来てもらえる訳ではなく、、、

待つこと1週間ちょっと。

結局外れたものは使わず、新しい外壁材を手配してくださり、前回よりも強力に留めていただきました。

以前は、ガルバリムの表面はつるっとしていて何もありませんでしたが、

今回修理した部分のみ、外壁の上から数カ所ビス止めをして、その上からコーティングのようなものを施してくださっていました。

台風だけでなく、うちを建てた場所は、冬の間だけ強風の日が時々あるんです。

地形や気象の条件がくみ合わさって、そうなるみたいです。


友人に、外壁が外れた!とメールしたら、

一部の壁が無い、スカスカな家(中が丸見え)に暮らしていると思われていたらしく、大変心配されました。

ちゃんと室内は守られているので、そこまでの大変さはありませんでしたが(笑)

住んでみると、思いもよらないことが起きるんですね。

無事、修理していただけてよかったです。

内心ドキドキしていたのですが、特にお金の話は出ませんでした。

家のアフターケアのこと、引き渡しのときに説明を受けましたが、浮かれていたので、あまり覚えていません(笑)

これ以上、トラブルが起きませんように〜〜!(と言いつつ、次のネタがありますw)


↓応援クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
ご近所に時々あらわれるキジ君です

0 件のコメント:

コメントを投稿